GSIからウィスキーや焼酎などアルコール度数の高いお酒をコンパクトに持ち運ぶことのできる樹脂製のフラスコが新登場しました。容量は295mlで重さは123g。素材はBPAフリーコポリエステルを使用し、落下の衝撃から守るために周囲には柔らかいシリコーン製です。

キャップは本体と繋がっているため無くす心配がいりません。半透明なボディは中身の確認も容易なところが良いですね。軽量でどこにでも持ち運びたくなるようなフラスコです。
詳細はコチラをご覧ください。
A&Fオンラインストア ジーエスアイ ボルダー フラスコ


容量1.2リットルの野外でも家庭でも使えるホウロウで作られたパーコレーター、ホウロウですので熱伝導率が良く、匂いが付きにくいのも特徴です。中のサイフォンを外せば湯沸しポットとして使えます。

上部のつまみは、コーヒーの濃さを確認できるように透明にできており、野外でも、香り高いコーヒーをいつでも飲むことができます。
詳細はコチラをご覧ください。
A&Fオンラインストア ジーエスアイ デラックスエナメル パーコレーター8CUP クリーム
ブランドサイトはコチラをご覧ください。
GSI(ジーエスアイ)
1608_gsihome_


サイズは8.4cm×6.6cm×20.8cm、しっかりと握り込めるほどスリムなステンレス真空断熱構造の500mlボトルです。広口で大きめの氷も入れやすく中の洗浄も簡単です。ご家庭でも週末のアウトドア活動でも使いやすいボトルです。

キャップにはループが付き、カラビナや指に引っ掛け持ち運びしやすく重さも217gと超軽量です。しかも底面の直径が6.6cmしかなく、バッグの隙間やバックパックのサイドポケットにスッと滑り込ませることができます。

気軽に野外でコーヒーを楽しみたい時には、このボトルにお湯を詰めて持っていけば、気軽にお気に入りのコーヒーを楽しむことができます。
フレンチプレス派ならGSIコミュータージャバプレスと組み合わせ、ドリップ派ならウルトラライトジャバドリップを使用するとこのサイズで収まります。

底の部分にはゴム張りされ、テーブルなどで滑りづらく、オフィスなどの室内で便利な仕様です。
詳細はコチラをご覧ください。
A&Fオンラインストア ジーエスアイ マイクロライト ツイストボトル 500
サイズ展開もございます。コーヒーに関する製品はブランドサイトをご覧ください。
GSI(ジーエスアイ)
1608_gsihome_


わずか17gのコーヒードリッパー。3本の脚は写真のGSI インフィニティバックパッカーマグからホウロウカップやカスケーディアンカップまで、ほとんどのGSIカップに取付け可能です。折りたたむとほぼフラットになり、アウトドア用ガスカートリッジ250缶の下に収納可能なサイズになります。

黒いフィルター部分はとても目が細かく、直接でも美味しいコーヒーを入れることができますし、後片付けを楽にするためにペーパーフィルターを使用することもできます。

今回はガスは使わずにGSIから新発売されたマイクロライト ツイストボトルにお湯を入れて持っていき、野外でシンプルにコーヒーブレイク。必要な道具はGSI インフィニティバックパッカーマグに詰め込みました。もちろんウルトラライトジャバドリップも収納することができます。

詳細はコチラをご覧ください。
A&Fオンラインストア GSI ウルトラライトジャバドリップ
1509gsiuljava3

ブランドサイトはコチラをご覧ください。
GSI(ジーエスアイ)
1608_gsihome_


底部分にはラバー、側面はEVAフォームで覆われているため保温性があり、フレンチプレスマシン兼そのまま飲めるマグとして使用できる『コミュータージャバプレス』。
フレンチプレスは、コーヒー豆本来の味が楽しめると人気の抽出方法です。

ご家庭やオフィスやちょっとしたピクニックでは使用はもちろん、保温材を取り外すと、登山でも使える軽量なフレンチプレスマシンとしても使用できます。

日帰りの登山やピクニックで使用する場合は予めコーヒー豆をセットして出ると、後はお湯を注ぐだけで美味しいコーヒーを入れることができます。お湯はKlean Kanteenなどの保温ボトルで持ち歩けばとても簡単にコーヒーを淹れることができます。

今回はGSI ケトリストを使用し、フリーズドライ食品とコーヒーを楽しみました。
詳細はコチラをご覧ください。
A&Fオンラインストア ジーエスアイ コミュータージャバプレス
ブランドサイトはコチラをご覧ください。
GSI(ジーエスアイ)
1608_gsihome_