左がカップ10(約296ml)、右がカップ15(約444ml)

一見、琺瑯(ホウロウ)カップのようですが、18-8ステンレスを琺瑯風に加工したダブルウォールカップです。容量は約296ml。蓋が付属します。

ダブルウォールですので琺瑯カップのように取っ手が熱くなりすぎて持てなくなることもありません。直接飲む時も口当たりが良く、こちらも熱すぎることはありません。

他にも梨地の琺瑯や、無垢のステンレスなど表面加工を選ぶことができます。詳細はこちらをご覧ください。

A&Fオンラインストア ジーエスアイ グレイシャーステンレスキャンプカップ10

A&Fオンラインストア ジーエスアイ グレイシャーステンレスキャンプカップ15

1608_gsihome_


わずか17gのコーヒードリッパー。3本の脚は写真のGSI インフィニティバックパッカーマグからホウロウカップやカスケーディアンカップまで、ほとんどのGSIカップに取付け可能です。折りたたむとほぼフラットになり、アウトドア用ガスカートリッジ250缶の下やシエラカップの中に収納可能なサイズになります。

黒いフィルター部分はとても目が細かく、直接でも美味しいコーヒーを入れることができますし、後片付けを楽にするためにペーパーフィルターを使用することもできます。

今回はガスは使わずにGSIから新発売されたマイクロライト ツイストボトルにお湯を入れて持っていき、野外でシンプルにコーヒーブレイク。必要な道具はGSI インフィニティバックパッカーマグに詰め込みました。もちろんウルトラライトジャバドリップも収納することができます。

詳細はコチラをご覧ください。
A&Fオンラインストア GSI ウルトラライトジャバドリップ
1509gsiuljava3

ブランドサイトはコチラをご覧ください。
GSI(ジーエスアイ)
1608_gsihome_

容量510ml~623mlのボウルが、シリコーンで作ることでディスク状に収納できます。サラダやパスタ、お菓子の盛り分け皿などにも最適です。重さは158g。

持ち手もありますので熱いスープなども取り分けることができます。−20度から120度までの耐熱性能があります。新発売された同じくシリコーン製のエスケープHSポットとエスケープカップとセットでピッタリと収まるように設計されています。

詳細はこちらをご覧ください。
A&Fオンラインストア ジーエスアイ エスケープボウル

1608_gsihome_
http://gsioutdoors.jp

GSI エスケープカップは、ジャバラ構造のシリコーン製でコンパクトに収納が可能です。邪魔になりがちなカップをちょっとした隙間に収納することが可能です。

容量は481mlとコンパクトですが500mlに近い容量があります。重さは60グラム。同時に発売されたシリコーン製のエスケープボウル・エスケープHSポットとの収納が考えられ、中に薄くスタッキングすることが可能です。3つを持ってもこの薄さで収納することが可能です。

詳細はこちらをご覧ください。
A&Fオンラインストア ジーエスアイ エスケープカップ

1608_gsihome_
http://gsioutdoors.jp

GSI グレイシャーステンレスタンブラー16は、キャンプ気分を盛り上げるクラシックな雰囲気のホウロウ風の塗装が施された真空断熱二重壁タンブラーです。

飲み口や内部は304/18-8ステンレススチール製で安心です。容量は約473ml。ポリプロピレンの蓋も付き、真空断熱層によりお飲み物の温度をキープします。

カラーは、マットブラックな質感のグラファイト・ホウロウブルー・ホウロウグリーンの3色。詳細はこちらをご覧ください。
A&Fオンラインストア ジーエスアイ グレイシャーステンレスタンブラー16

1608_gsihome_