サイズは8.4cm×6.6cm×20.8cm、しっかりと握り込めるほどスリムなステンレス真空断熱構造の500mlボトルです。重さも特徴の一つで約217gと超軽量です。広口で大きめの氷も入れやすく中の洗浄も簡単です。ご家庭でも週末のアウトドア活動でも使いやすいボトルです。

キャップにはループが付き、カラビナや指に引っ掛け持ち運びしやすい。しかも底面の直径が6.6cmしかなく、バッグの隙間やバックパックのサイドポケットにスッと滑り込ませることができます。

気軽に野外でコーヒーを楽しみたい時には、このボトルにお湯を詰めて持っていけば、気軽にお気に入りのコーヒーを楽しむことができます。
フレンチプレス派ならGSIコミュータージャバプレスと組み合わせ、ドリップ派ならウルトラライトジャバドリップを使用するとこのサイズで収まります。

底の部分にはゴム張りされ、テーブルなどで滑りづらく、オフィスなどの室内で便利な仕様です。
詳細はコチラをご覧ください。
A&Fオンラインストア ジーエスアイ マイクロライト ツイストボトル 500
サイズ展開もございます。コーヒーに関する製品はブランドサイトをご覧ください。
GSI(ジーエスアイ)
1608_gsihome_

GSI エスケープHSポットは、バーナーで調理できるテフロン加工されたアルミボトムとシリコンのサイドウォールを採用したコンパクトに折り畳め、バックパックに収納できる2〜3リットル鍋です。

2リットルと3リットルサイズと大きな鍋ですが、サイドウォールはシリコーンでできている為、とてもコンパクトに収納できます。このコンパクトさは嬉しい!

さらに火のあたる部分の底面にはヒートラジエーターを採用し、熱伝導が良く30%ほど速くお湯を沸かすことができます。3リットルもの水を速く沸かせますので、かなりの燃料節約にもなります。

エスケープシリーズのカップとボウルを内側に収納することが可能です。

最新機能をすべて盛り込んだアウトドア鍋です。詳細はこちらをご覧ください。
A&Fオンラインストア ジーエスアイ エスケープHSポット

1608_gsihome_
左がカップ10(約296ml)、右がカップ15(約444ml)

一見、琺瑯(ホウロウ)カップのようですが、18-8ステンレスを琺瑯風に加工したダブルウォールカップです。容量は約296ml。蓋が付属します。

ダブルウォールですので琺瑯カップのように取っ手が熱くなりすぎて持てなくなることもありません。直接飲む時も口当たりが良く、こちらも熱すぎることはありません。

他にも梨地の琺瑯や、無垢のステンレスなど表面加工を選ぶことができます。詳細はこちらをご覧ください。

A&Fオンラインストア ジーエスアイ グレイシャーステンレスキャンプカップ10

A&Fオンラインストア ジーエスアイ グレイシャーステンレスキャンプカップ15

1608_gsihome_


わずか17gのコーヒードリッパー。3本の脚は写真のGSI インフィニティバックパッカーマグからホウロウカップやカスケーディアンカップまで、ほとんどのGSIカップに取付け可能です。折りたたむとほぼフラットになり、アウトドア用ガスカートリッジ250缶の下やシエラカップの中に収納可能なサイズになります。

黒いフィルター部分はとても目が細かく、直接でも美味しいコーヒーを入れることができますし、後片付けを楽にするためにペーパーフィルターを使用することもできます。

今回はガスは使わずにGSIから新発売されたマイクロライト ツイストボトルにお湯を入れて持っていき、野外でシンプルにコーヒーブレイク。必要な道具はGSI インフィニティバックパッカーマグに詰め込みました。もちろんウルトラライトジャバドリップも収納することができます。

詳細はコチラをご覧ください。
A&Fオンラインストア GSI ウルトラライトジャバドリップ
1509gsiuljava3

ブランドサイトはコチラをご覧ください。
GSI(ジーエスアイ)
1608_gsihome_

容量510ml~623mlのボウルが、シリコーンで作ることでディスク状に収納できます。サラダやパスタ、お菓子の盛り分け皿などにも最適です。重さは158g。

持ち手もありますので熱いスープなども取り分けることができます。−20度から120度までの耐熱性能があります。新発売された同じくシリコーン製のエスケープHSポットとエスケープカップとセットでピッタリと収まるように設計されています。

詳細はこちらをご覧ください。
A&Fオンラインストア ジーエスアイ エスケープボウル

1608_gsihome_
http://gsioutdoors.jp